大阪道頓堀のたこ焼きの隠し味とは?

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
大阪の道頓堀に足を運ぶと、
そこらじゅうから漂うたこ焼きのいい香りに、
食欲をかきたてられますよね♪
 
そんな大阪道頓堀のたこ焼きは、
お店によっても様々な隠し味を使っているとか、いないとか!?
 
511418b780d7af09dcd9715040de0355
 
今回はおうちでも使える、
たこ焼きの隠し味をお伝えしたいと思います。
 
【牛乳】
 
オムレツやスクランブルエッグを作る時に
牛乳を入れるとふんわりしますが、
たこ焼の生地も牛乳を入れることでふんわり焼けます。
だしは白だしをそのまま入れて作れば、手間いらず。
簡単に作れるたこ焼きです。
 
【片栗粉】
 
外はカリっ、中はふわっという生地と、
片栗粉を入れて作るもっちり生地、
粉の配合次第で二通りの食感が楽しめます。
みりんとしょうゆで生地にしっかり味付けして、
ソースを塗らずにそのまま食べても美味しいたこ焼きです。
 
【強力粉&ベーキングパウダー】
 
薄力粉に強力粉を混ぜて焼くたこ焼きです。
強力粉はパンやパスタを作る時に使われる粉なので、
薄力粉だけで作るたこ焼きより少しもっちりした食感になります。
粉の配合を変えて、自分だけのレシピを作ってみるのもいいですね。
 
【昆布茶】
 
パスタの風味に奥行を出すために昆布茶を使うことがありますが、
たこ焼きの生地に入れてもコクのある風味に仕上がります。
外はカリッと中はトロッとしたコテコテの大阪人好みのたこ焼きです。
 
handmade
 
どれもご自宅にあることが多いものですので、
隠し味で試してみてくださいね♪